このページの記事目次 (カテゴリー: Videopad v4.50 使い方

← 前のページ  


Daily information…

 爆低 / 熱低 / 台風情報 ★ No Suspect ★  REAL-TIME SATELLITE IMAGE [ CIMSS ]



  • 冬本番…寒さも厳しくなってきました。23日頃、また寒波が入るので…風邪など引かぬようご注意ください。

動画編集 Videopad v4.50 [文字の挿入] 使い方

   ↑  2016/11/19 (土)  カテゴリー: Videopad v4.50 使い方
今年に入り、Videopadは…バージョン4.50をリリースしており、大きく変更になった点は、「文字の挿入」と「動画エフェクト」ですが、今回は、文字の設定部分を説明しています。


今後、v4.50の説明(使い方記事)に関しては、v3.87 使い方 と違っている部分のみの説明になります。


v3.87と違っているのは、1つの文字クリップ内で、文字1つ1つに…フォントの種類・サイズ・太字・斜字・下線・色などを簡単に変える事が可能になりました。


この動画は、(Videopad v4.50)で作成しています。フル画面でご視聴下さい。動画最後の部分には、簡単ですが新しい「動画エフェクト」・「切替効果」なども取り入れています。


※ 文字のクリップを多様して、各クリップでフォントの種類・大きさ・色などを変えて設定すると、再編集時に…設定(改行など)が狂う場合があります。対策としては、フォントの種類を変えてみる、文字を打ち直すか、クリップを一度削除などして…再設定してみて下さい。



プレイボタンを押すと、すぐに説明が始まります。最後は、テトリスで終わります。





このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に含まれるタグ : 動画編集 Videopad 4.50 使い方 文字の挿入 

FC2スレッドテーマ : 日記というか、雑記というか… (ジャンル : 日記

(記事編集) http://capjack.blog.fc2.com/blog-entry-468.html

2016/11/19 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Videopad バージョン4.50 使い方【目次】

   ↑  2016/08/23 (火)  カテゴリー: Videopad v4.50 使い方

このバージョンの使い方は… 全て、フルHD(1920×1080)動画で説明しています。


使い方は、【Videopad v3.87 使い方】 とほぼ同じですが…

v4.50になって、大幅に変更のあった部分を対照に説明していく予定です。



注意点


プロジェクト保存を何度もしながら編集する場合、文字を多用していると、位置がズレている場合があります。エクスポート(仕上がり保存)する直前に、もう一度見直して下さい。正確に位置を合わせたい時は、動画エフェクト「位置」を使います。


また、エクスポート(仕上がり保存)を…そのまま動画サイトにUPするのではなく、一度、PCに保存して、おかしな所はないか?確認する事をお薦めします。




         ● [文字の挿入]  使い方

         ● 動画エフェクト(キーフレーム⇒ベジェ曲線) 使い方

         ● 簡単な文字出し~エフェクトチェーンの使い方

          1. 切替効果を使った簡単なタイトル出し 2. 画面中央からの拡大回転タイトル出し

          3. 画面左上からの拡大回転タイトル出し 4. 簡単なエンドロールの作り方

          5. エフェクトチェーンの使い方  6. ?

         ● 複数のクリップへ同時にエフェクトを適用する

          その他、エフェクト設定の置き換え・追加など…簡単に説明

         ● ポリゴンマスクを使った(合成画像・モザイク追従・目隠し追従)設定

         ● Videopad v4.50 文字や、照準器によるターゲット追従デモ

          上記使い方を見ていれば、ある程度設定出来るかと思います。
          透過PNGイラストは、動画素材として配布。クオリティ期待薄…



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に含まれるタグ : Videopad 4.50 使い方 

FC2スレッドテーマ : 日記というか、雑記というか… (ジャンル : 日記

(記事編集) http://capjack.blog.fc2.com/blog-entry-470.html

2016/08/23 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |