このページの記事目次 (タグ: 地球落下 の検索結果)


Daily information…

 爆低 / 熱低 / 台風情報 ★ ENTRY 1 ★  REAL-TIME SATELLITE IMAGE [ CIMSS ]



  • 東北地方と北陸地方では、24日にかけて、断続的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。気象庁
  • 台風5号(ノルー)【NOAA・ECMWF 予想進路】2017/7/22 更新中…
    23日現在、台風8号まで発生していますが…日本へ影響を及ぼすかも知れない台風5号のみ注視しています。停滞迷走しながら強い勢力になりそうで…ここ数日、西へ延伸気味…

2016年3月5日…小惑星(2013 TX68)地球へ大接近か!

   ↑  2016/02/07 (日)  カテゴリー: 日記
この[2013 TX68]は、NASAが資金を提供するカタリナ・スカイサーベイによって、2013年10月6日に発見されました。その後、3日間ほど追跡・観測していましたが、昼間の明るい方向になり追跡出来なくなりました。


データが少なく、今の所、正確な軌道を導き出すことが出来ていません。それでも科学者たちは、地球へ直接影響を与えることは無いと考えています。 直径=約30m(23m~52m)  速度=秒速約14.44km 時速約51984km


現在の予測では、地球から50万km付近…距離としては、月の外側辺りを通過する見込みですが…最も離れている場合(1400万km)、最も接近している場合(1万7千km)と、ほぼ地球をかすめる距離になっています。


近年では、2013年2月、ロシアのチェリャビンスクへ落下した小惑星(直径約20m)の衝撃波により、何千もの建物被害の他、約1500名の方々が負傷しています。


仮に、[2013 TX68]が地球へ落下した場合…ロシアへ落下した小惑星の約2倍の衝撃波が発生すると予測されています。大部分は大気圏で燃え尽きそうですが、直径30mを超えてくると…残った破片の衝突もありそうです。


2月11日更新、最新の予測では、3月8日頃に最接近しそうです。地球からの距離…約500万km付近(地球~月×13倍の距離±)を通過する見込みですが…最も接近した場合は、約3万km付近…


2月25日更新、地球への最接近時間は、3月8日(日本時間AM9時6分頃)と変わっていません。仮に、地球へ近付いたとしても…約2万4千キロ以上離れており、最も有力視されている距離は、約500万キロ付近と変わらず…心配不要との事…


日本時間3月7日22時42分頃…地球から4092500km付近安全にをフライバイ…〆

今世紀中に、あと3回(2017年9月28日、2046年と2097年)地球へ接近しますが…これも問題ナシ。





asteroid.jpg
Image:NASA/JPL-Caltech




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事に含まれるタグ : 小惑星 2013TX68 大接近 大気圏 地球落下 衝突 衝撃波 観測 NASA 

FC2スレッドテーマ : 日記というか、雑記というか… (ジャンル : 日記

(記事編集) http://capjack.blog.fc2.com/blog-entry-455.html

2016/02/07 | コメント (4) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。