このページの記事目次 (タグ: 地球 の検索結果)


Daily information…

 爆低 / 熱低 / 台風情報 ★ No Suspect ★  REAL-TIME SATELLITE IMAGE [ CIMSS ]



2015年11月1日 小惑星(2015 TB145)が地球へニアミス!

   ↑  2015/10/29 (木)  カテゴリー: 日記
この小惑星(2015 TB145)は、地球近傍オブジェクト観測(NEOO)機関の一つであるパンスターズが、ハワイのマウナケア山に設置してある望遠鏡で…2015年10月10日に発見しました。


ハロウィン(10月31日)に小惑星という記事が多く見られますが、これは海外の話です。


地球最接近時間   日本時間11月1日午前2時5分頃

地球からの距離   約486000km

大きさ       約600m 

速度        約35km/s

観測        小さな望遠鏡が必要

地球への影響    無し




tb145a



TB145
NASA/JPL-Caltech



また、10月3日…カタリナ・スカイサーベイの天文学者によって発見された未確認飛行物体(WT1190F)は、小さなスペースデブリ(ロケットブースター)ではないかと考えられています。^?


この物体は、日本時間11月13日午後3時20分頃を前後に…スリランカ上空付近で大気圏へ突入して、殆ど燃え尽き、残ったとしても南部100キロ付近の海上へ落ちると予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事に含まれるタグ : 小惑星 2015TB145 地球近傍オブジェクト ハロウィン 地球 ニアミス 未確認飛行物体 スペースデブリ WT1190F 

FC2スレッドテーマ : 日記というか、雑記というか… (ジャンル : 日記

(記事編集) http://capjack.blog.fc2.com/blog-entry-445.html

2015/10/29 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2013/2/16日AM…小惑星2012 DA14 地球とニアミス!

   ↑  2013/02/06 (水)  カテゴリー: 日記
日本時間2013年2月16日AM4時24分、小惑星2012 DA14が地球へ最接近(ニアミスします。直径は、約45m。推定質量13万トン。スマトラ沖、東部インド洋上空を地球表面から27700キロ付近、時速28100キロ(秒速7.82キロ)で通過します。

これは、静止衛星より低い軌道になりますが… 衛星に当たる可能性は、殆んど無いという事です。天候が良ければ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなどで、望遠鏡を使えば観れるそうです。しかし、難しい観測になりそうですね。

この小惑星は、2012年2月に発見されたそうで… 地球に衝突すれば2.5メガトン級の衝撃が… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? このような地球近傍小惑星は、まだ50万個ぐらいあるらしく… その中で見つかったのは、まだ1%にも満たないそうです。 




NASA Video Gallery



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事に含まれるタグ : NASA 小惑星2012 DA14 地球 衝突 最接近 ニアミス 静止衛星 

FC2スレッドテーマ : 日記というか、雑記というか… (ジャンル : 日記

(記事編集) http://capjack.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

2013/02/06 | コメント (14) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ロシアの火星探査機1/15日に地球へ落下か!

   ↑  2012/01/06 (金)  カテゴリー: 日記

Phobos-Grunt fragments to fall on Earth on January 15 – official

 
4.01.2012, 15:57
Fragments of the Phobos-Grunt probe which were not burnt in the atmosphere are expected to fall onto Earth on January 15, Alexei Zolotukhin, spokesman for the Russian Air and Space Defence Troops, told Russia’s ITAR-TASS news agency on Wednesday.
Fragments of the Phobos-Grunt probe which were not burnt in the atmosphere are expected to fall onto Earth on January 15, Alexei Zolotukhin, spokesman for the Russian Air and Space Defence Troops, told Russia’s ITAR-TASS news agency on Wednesday.He said that engineers were now keeping a watchful eye on parameters of the Phobos-Grunt probe which was successfully launched from the Baikonur Cosmodrome on November 9.


                                     

   大気中で燃焼されていないフォボス - 単調なプローブのフラグメントが1月15日に地球に落ちることが予想される、
   アレクセイZolotukhin、ロシア航空宇宙防衛軍のスポークスマンは、水曜日にロシアのイタルタス通信に語った。

   彼は、そのエンジニアは正常に11月9日にバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたフォボス - 単調なプローブの
   パラメータ監視の目を保つていたと述べた。

   それはフォボス、火星を周回する二つの衛星の一つに着陸するように設計が、その後赤い惑星への正しいパスに
   それを置くためにエンジンを起動に失敗した。




   昨年の11月に、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたロシアの火星探査機フォボス・グルント
   (Phobos-Grunt)ですが… 予定軌道に載せる事が出来ず、15日にも地球へ落下するという事です。

   探査機の重量は13.5トン、毒性が極めて高い燃料(ヒドラジン系)は、大気圏突入時に燃え尽き、地上に降り注ぐ
   破片は20個から30個、計200キロ程度と予想されていますが… 何処に落ちるか判らないって… 

                            またかいw ┐(´д`)┌ ヤレヤレ


                        現在の予想落下地点は、インド洋付近。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ポチ頂ければ幸いです。m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事に含まれるタグ : フォボス・グルント 火星探査機  Phobos-Grunt 地球 落下 

FC2スレッドテーマ : 気になったニュース (ジャンル : ニュース

(記事編集) http://capjack.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

2012/01/06 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。